緊急搬送に役だったもの

正月から母89歳の調子が悪くて点滴のため

施設に通う毎日でした

 

しかしボランティアの新年会と言うことで

お昼だけならと参加したところ

 

なぜか父97歳の施設から電話

呼吸が苦しそうで微熱もあるので

ベッドに寝かせて様子見なのですが、

ちょっと見てほしいと言われ

 

14時に点滴に行く予定でしたので、

その時に寄ります

(母と父は同じ建物の一階と二階)

と言ったのですが、

一時くらいしたら

酸素飽和度が90くらいしかないので

95以上が正常、それ以下だと呼吸が苦しいらしい

 

#7119に電話して、救急車を呼ぶことになりましたとのこと

 

あわてて、食事を中断して病院に向かう私

 

昨日の夜も母の点滴の途中で抜け出して

父の家まで様子を見に行ったけれど

特に変わったところがなく

翌日、一緒に母のお見舞いをしようと約束さえしていた。

 

救急搬送された病院で色々診て貰ったが

呼吸器科がないため、他の病院へ移されることになった

 

そこで、いよいよ入院となり

父の病歴を書くことになった。

 

以前だったらヤフーブログのプロフィールのところに父の事も書いてあったので

それを見ながら記入したら良かったのだが、

今はそれがないので

ここのブログで自分の記事内を検索しまくって

父の病歴を入れた。

介護のカテゴリーがあるので、そこにまとめておいて良かったと思った。

 

カテゴリー大事だわ

 

 

 

 

いらない物? 何に使うのか?

f:id:matsumushisou:20191227102729j:plain

ウェットテッィシュ?


娘がクリスマスをやってくれると言うので、リビングをざっとかたずけた

すると出てくるわ 出てくるわ

この手のもの

 

ポケットティッシュ(せっせと使っているが数えられないくらい)も

ボックステッィシュ(多分30箱以上)も保湿以外は買ったことないですが、

これ

どこに使うの? 娘が買ったのか?

あきらかにドラマの宣伝らしきもの

小田急の宣伝用?

 

これで最後かと思ったら、娘の部屋からもわんさか出て来た。

どうするの?

 

そうそう、入院した時に揃える丸いボックス入りのも数個

 

 

 

入院している弟から頼まれた父のお世話と手伝っているつもりの夫に振り回される

弟から頼まれていた洗濯機を買いました。

一人で行こうと思っていたのに、夫がついて来て

買おうと思っていたのより一つ高い洗濯機になってしまったし

値切ろうと思っていたのに、値切ることも出来ませんでした。

せめて、カレンダーだけは頂こうと思っておりましたら、それも夫に

阻止されそうでしたが、弟が会社を休んでおりますと

カレンダーももらえそうにありません。

夫の言葉を遮ってカレンダーだけはゲットしました。

 

そして、いつも弟が作っていた父の年賀状も

昨日作り上げましたが、やはり夫が自分の友達の分を先にやれと言うので

座り疲れました。自分のは先のばし、夫の親戚のも後回しに

なったのですが、

夫は手伝っているつもりなのか?

 

入院している弟から電話

弟は、その日朝から足の具合が悪かったそうです。

だんだんに足が腫れて来て

呼吸も苦しくなるし、仕事で階段を上り下りしていても

足が重くて、いよいよダメと思って早退して家の近くの

かかりつけ医に行ったそうですが、中々原因が解らず

そこで、

血液検査をしてみたところ血栓が見つかり

紹介状を書いてもらって、大きな病院へ行ったそうですが、

すぐにICUに入れられてしまって、連絡が取れなかったそうです。

翌日くらいには、普通病棟に入れて貰ったものの、

末期のがん患者ばかりの部屋に入れられたのか、静かな病室らしいですが、

そこしかベッドの空きがなく、歩けないし、来てもらうのもはばかられるため

連絡が本日になったらしですが、すでに入院して一週間以上経って

おります。

深部静脈血栓症と言うことで

肺に入った血栓がまだあるために続けて検査続行中とのこと

一応、ためしに酸素マスクを外して歩いてみたところ

時々、酸素量が急激に下がることがあって、

まだ入院しているとのことです。

本人は通院でもと思ったらしいですが、

急激に体内の酸素量が減った時に、弟の嫁さんはパニックになりそうなので、

そっちの方が心配です。

父の面倒も大変ですが、私も倒れたら大変なのでと脅迫しながら

日々過ごしております。

全く解っていないのは、もしかしたら、うちの夫かもしれない。

私にお孫ちゃんにプレゼントを届けろなんて言っております。

鎌倉に散歩に行く暇があるのなら、もっと近いお孫ちゃんのところに行ってほしいのであります。

私は大掃除に父の面倒。母の方はちょっとご無沙汰ですが、

スタッフがよくやってくれるので、それにかけます。

親の介護と介護者の負担

昨夜夜中に弟が入院したとのラインを受けました。

 

先日、母のクリニックでの健診結果を持って

検査入院をした大きな病院に行って来ました。

そこで、私と弟は母のことを色々を聞かれたのですが、

記憶が曖昧なのがわかりました。大まかなところでは理解しているのですが、

病院では、もっときちんとしたことが解らないといけないと思い

整理しておきたいと思いました。

 

母、9月30日

施設からの連絡

夕食時に気を失って椅子から転げ落ちたそうです。72時間の経過観察と

施設の担当医であるクリニックに診てもらいましたが、大丈夫とのことで様子見になりました。

 

骨折などはなかったのですが、倦怠感が強く食欲が減っておりました。

その後、自分の体調が悪くなって、父の方のお世話だけで

手一杯になっていて、積極的な介護が出来ていなかったかと

思いますが、母は食事があまり取れなくなってきており、

手を使わなくなってきたこともあり、食事が全面介助になっておりました。

 

そんなおり、嘔吐もあり11月の往診で腹部CT撮影を行うことになりました。

17日に

全身のCT撮影を受け

左脳に癌の転移がみられたこともあり、その影響で嘔吐や意識障害などを

起こすことも考えられるので、一時的な処置はクリニックでも出来るし入院設備も

あるので、ある程度のことはクリニックでしてくれるそうですが、

検査入院をした病院に行って、何かあった時の対応が受けられるのか

専門の立場で相談を受けて来てもらいたいとの事でした。

 

そういう訳で、病院に予約を取ることになったのですが、弟との兼ね合いで

今週になってしまいました。

 

ドクターは、脳の転移は、この年でそこまで癌が活発なのはびっくりですが、

大腸の方は、以前とそれほど変わっておらず、食事がとれていて、しかも

水分がちゃんと撮れており、痛みがないのなら、施設で看て貰うのが

一番いいのじゃないかと言う事でした。

しかし、何かあれば、対応しますので、連絡を下さいと言って下さいました。

胃ろうは勿論のこと、点滴でも、不自然な水分の供給は本人の身体への負担も

考えると決して望ましいものではないので、できるだけ口から取る方がいいとのことでした。

意識もあり、痛みもなく食欲もまた出て来ていると言うのなら

90歳近くにもなって、食欲があると言うことは本人の生きる力があると言う事なので

それに任せた方がいいと言われ、私たちも納得して帰ってきました。

 

そしてホッとしたのも束の間

弟が足に違和感を覚えて、かかりつけの内科に行ったところ緊急入院となったらしいです。

 

高齢すぎる親の介護は、介護者の方の負担が大きすぎて

本当に大変です。

父が10年以上も前に心不全で倒れた時は、二人ともドクターの話が

すっと入って来ましたし、ドクターの問いかけにも、記憶の中から適切な答えを

すぐに出せました。

自分たちが痛みを抱えながらの介護は、かなり負担になっています。

まだ若くて介護なさっている方たち、決して無理をなさらないように希望します

THE INFORMER 三秒間の死角  FBIとマフィアとNYPD

f:id:matsumushisou:20191211191306j:plain

解説

英国推理作家協会賞やスウェーデン最優秀犯罪小説賞などを受賞したアンデシュ・ルースルンドとベリエ・ヘルストレムのベストセラー小説「三秒間の死角」を、「スーサイド・スクワッド」「ロボコップ」のジョエル・キナマン、「ゴーン・ガール」のロザムンド・パイクの共演で映画化。模範囚として刑務所で服役中だったピートは、自由の身と引き換えにFBIの情報屋として極秘裏に捜査協力することに。そして、その最後の任務として麻薬組織への潜入を任される。ピートは組織のリーダーから刑務所内での麻薬取引を仕切るよう命令され、競合組織を壊滅させたが、ピートの動きを嗅ぎまわっていたニューヨーク市警の横やりによってFBIに裏切られ、FBI、マフィア、NY市警、囚人たち、すべての組織から命を狙われる危機的状況におちいってしまう。主人公ピート役をキナマン、FBI捜査官ウィルコックス役をパイクが演じるほか、コモン、クライブ・オーウェンらが脇を固める。監督は「エスコバル 楽園の掟」のアンドレア・ディ・ステファノ

2019年製作/113分/G/イギリス・アメリカ・カナダ合作(映画com.より)

 

妻を守って殺人を犯し、20年の刑に服すも、FBIの操作により情報屋として雇われ潜入捜査をしている。ピート・コズロー、ポーランド系マフィアへ潜入し、壊滅に導くはずだったのだが、NYPDも潜入捜査官を入れていたことによって計画が頓挫。

ピートは窮地に追い込まれる。

ピートはただの情報屋ではなく、思慮深く、腕利きなのだ。それでも単なる情報屋として紙屑のように扱うFBI,マフィアも麻薬の取引の失敗を許す代わりに、刑務所内で麻薬の取引を仕切るように命じられる。

妻と娘が人質に取られ、彼は刑務所に行くのだが、割とこういう映画の妻は、お荷物でしかないものだが、彼の妻は中々、根性のあるところをみせる。

それでもNYPDの潜入捜査官を潜入させたボスが周りを嗅ぎまわったり、この話どっちに転ぶんだと色々想像させてくれる。予定調和でないところがいい。

最後まで楽しませてくれるし、キャスティングが一筋縄でいかない人ばかりなのもハラハラさせられて良かった。

 

 

 

歯が3本抜けた

お嫁さんからの連絡

お義母さんの歯が3本抜けたそうだ。

 

なんで?

差し歯だったかもと言う

 

母も認知症になって、何本か歯が抜けたけれど、

歯磨きが適正でなくて溶けて抜け落ちたと言っていましたけれど、

高齢になると歯が容赦なく

抜けてしまうことがあるようだ。

 

母はそれでも入れ歯を入れながらなんとか維持していたが、

最近、入れ歯がぶかぶかになって来たと言う

歯茎もやせてくるらしい。